第1回大門市

〔開催日時〕
平成23年11月27日(日)
11:00~15:00
(通行止め10:00~16:00)

〔開催場所〕
大門通り
南:スターモール(東横イン)から北:明石町通り(増田写真館)まで

〔事業内容〕
大門通りを通行止めにし大門会の商店は自店を活用、歩道や駐車場には市内・県内商業者を出店募集し、市を開催します。
出店を希望される方は【大門市】出店のご案内からどうぞ。

〔実施目的〕
平塚市の中心市街地に位置する大門通りは平塚八幡宮の参道型商店街であり、市内商業発祥の地でもあります。しかし国道一号線の整備により商店街と八幡宮が分断され、更には大型店の進出などにより商店街は衰退化傾向にあります。また昨今の経済不況による市の予算の削減等により、中心商店街でのイベントの数は減る一方であります。そこで、昨年11月に行われた第2回朝市サミットを一過性に終わらせないためにも、昨年と同じような流れをもって、第1回大門市を開催致します。3月11日の震災以降、自然災害の危険性が再認識される中、お客様や出店者の安全第一を考え、昨年の半分の規模(大門通りの南側だけ)を予定しております。
出店者として中心となるのは大門会の商業者、近隣の自治会や住民ではございますが、平塚市内の商業者や神奈川県内の商業者(かながわ朝市ネットワーク協力)の手も借りて賑わいを持たせます。その賑わいの延長線上には
①大門通りの活性化、並びに中心商店街の活性化
②大門通りが平塚の「市」の発祥の地である事の歴史的再認識
③大門通りが平塚八幡宮の参道である事の再認識(平塚八幡宮前に横断歩道の設置を目標)
を、考えております。
また、大門通りでは専門的なお店が多く、その専門的な技術を地元の人々に認知して頂くためにも「なりわい博物館」制度を発足させております。専門技術を持った店主を館長と見立て、専門店を見直す良いきっかけになればと思います。現在は大門通りの4店舗が認定されておりますが、大門通り以外にもこの輪を広げてゆき、第1回大門市では新たに4館のお披露目も行う予定です。計8館となる「なりわい博物館」が平塚の人々に認知されご利用いただき喜んで頂けるものと確信しております。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes