大門会の活動には東海大学の工学部建築学科、杉本洋文教授のご協力を頂いております。同教授の「杉本研究室」に所属する学生たちが、夏季休暇を使って4基の巨大行燈「ぼんぼりゲート」を制作し、ぼんぼり市開催に併せて大門通りの南端(スターモール商店街)と北端(国道一号線)に設置、ご来場した方々から大変な好評を頂きました。

詳細は下記リンクをご覧下さい。
東海大学ニュース

カテゴリー: NEWS

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です