昨年の第3回大門市で大好評だった「大門和奏(だいもんわそう)」、既に今年の開催を待ち望む声を沢山頂いています。ご要望にお応えして今回も「大門和奏」を、昨年とは演奏者を変えて開催致します!先ずは予告、大門和奏に無くてはならない尺八「大山潤一」氏、そして津軽三味線「藤田淳哉」氏を紹介します。

■尺八「大山潤一」平塚市出身

琴古流尺八を松山龍盟師・大山素盟師に師事。現在、琴古流・根笹派錦風流・普化本曲・現代音楽を三橋貴風師に師事。摩頂山國泰寺(富山県高岡市)に伝えられている古典本曲数曲を伝承。NHK邦楽技能者育成会第55期修了。2013年、出雲大社 平成の大遷宮奉祝行事にて奉納演奏。2014年、ドイツ ケルン、デュッセルドルフ両都市にて公演。尺八古典本曲を軸としながらも自由な発想による音楽活動を展開。古典のみならず現代音楽、即興演奏、POPS、ROCK、民族音楽、現代アート、演劇や朗読・ミュージカルの伴奏、様々なアーティスト・楽器とのコラボレーションなど活動の幅は広い。学校公演、幼稚園公演、ワークショップ、レクチャーコンサートなども多数企画・実施。イベントプロデュース多数。現在、尺八教室開講中。市川和音会 講師。ヨークカルチャー上永谷 講師。 琴古流尺八 貴風会会員。(社)日本三曲協会会員。J-trad Rock band『AKARA』メンバー。ギター・尺八・和太鼓ユニット『龍神』メンバー。

■津軽三味線「藤田淳哉」神奈川県出身

児童劇団の役者として全国を公演中に本場青森にて津軽三味線に出会い、その音色に魅せられて自らも三味線を始める。2001年 劇団を退団後、演奏活動を開始。2010年 「邦楽グループコンテスト」遠峰あこと爛漫社中にて「優秀賞」受賞。2010年 伊藤多喜雄&TAKIOBANDに参加。2010年 上海万博日本パビリオンにて公演。2010年 津軽三味線 藤田流 二代目 藤田淳哉 襲名。2011年 アラブ首長国連邦にて公演。2012年 自身の劇団所属時の経験を生かし「サクラトーン」を設立。津軽三味線・和太鼓・尺八の和楽器を子供向けにアレンジし全国の幼稚園でコンサートを上演している。また、次世代を担う三味線奏者として活動する傍ら、「淳哉会」を主宰。後進の指導にあたり、邦楽の普及・発展に尽力している。

第4回「大門市」
〔開催日時〕
平成26年11月30日(日)
11:00~15:00
(通行止め10:00~16:00)

カテゴリー: NEWS

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です